教えます!不動産投資を成功させるには

自身の属性と年収により投資方法が変わる

最初の自己資金としてマンションの区分所有権を購入出来る程度あれば問題ありません。しかし、不動産投資を始めるキッカケとして今の会社に不安を感じている場合など副業から始める場合には、最初にあまり資金を投資出来ないと考えられます。マンション向けローンを組む場合には、年収と属性により融資が受けられないことがあるので注意が必要です。 不動産投資を成功させるためには、ある程度拡大させる必要があるので、最初の1部屋だけで終わらせたのでは意味がありません。そこで注目されている方法が賃貸併用住宅です。住宅ローンとして普通に組むことが出来るので、本人の年収条件は緩和されて属性のみで審査が出来ます。最初の1棟目でとにかく利益を挙げることが不動産投資では成功の秘訣となるからです。

2棟目からは本格投資に

1棟目の不動産投資で利益を継続的に挙げて行き、税務署への申告でもしっかりと利益が出ていることを主張することで2棟目からの不動産投資に道が開けます。アパートローンが普通に組めるようになることから、キャッシュフローを厚くすることに専念して、事業を拡大させることが出来ます。 投資用物件の購入時には、利回りのみを追求しがちですが実際の需要動向を追って予測を立てることが重要です。対象となる物件がなぜ売りに出されているのか理由を正確に把握することが必要となり、綿密な調査の上で不動産投資を実行すれば目測を誤ることは少なくなるでしょう。リスクを分散化させるために、早い段階で複数棟の不動産投資を実現できれば安定した収益を挙げることが出来ます。